女性化乳房でお悩みなら

※保険診療適応外の自由診療になります。

女性化乳房治療とは

女性のような胸の膨らみでお悩みの方へ

症状に合わせ乳腺切除と脂肪吸引を併用し、 男性らしいナチュラルな胸を形成する治療のことです。

女性化乳房の原因

一般的に言われている女性化乳房の原因
  • 乳腺が発達している
    「真性女性化乳房」
  • 皮下脂肪が多い
    「偽性女性化乳房」
当院の組織検査統計調査による
女性化乳房の原因
  • 乳腺の発達
    皮下脂肪の沈着
    8割以上
  • 乳腺の発達のみの場合
    (いわゆる真性女性化乳房)

症状の度合い

  • 乳輪部のみの膨らみ
  • 乳輪部を超えて胸全体の膨らみ
  • 乳輪部のみの膨らみ
  • 乳輪部を超えて胸全体の膨らみ

膨らみの原因と症状の度合いから2種類の治療法があります。

治療法Ⅰ 軽度女性化乳房修正

乳輪部の膨らみのみの改善を目的とします。
超音波検査にて乳腺の大きさが3cm未満であり、皮下脂肪が少ない場合に適応となります。

  • 乳輪の周りを半周切開し、乳腺を切除します。

術前・術後のアフターケア

手術時間 約2時間
術後の通院 [ 7日目 ]
抜糸します。

[ 30日目 ]
術後の経過をチェックします。
問題がなければ通院は終了です。
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
シャワー 翌日から可能
治療のメリット
  • 乳輪の膨らみの改善
  • Tシャツを着たときの胸の膨らみなど解消
  • 男性らしい胸を実現
治療のデメリット・リスク
  • 乳輪周囲の傷あと
  • 乳輪・乳頭の一時的な感覚低下
  • 内出血、血腫(血液の貯まり)
  • 乳輪の部分壊死の可能性

料金の目安

軽度女性化乳房修正(両側) 220,000円(税込)

治療法Ⅱ 中等度女性化乳房修正

胸全体の膨らみの改善を目的とします。
超音波検査にて乳腺の大きさが約3cm以上ある場合、もしくは皮下脂肪がある程度以上ある場合に適応となります。

  • 脇、(場合により胸の下)を3~4㎜切開し、脂肪吸引をします。
  • 次に乳輪の周りを半周切開し、乳腺を切除します。

術前・術後のアフターケア

手術時間 約2.5時間
術後の通院 [ 1日目 ]
トラブルがないか傷の状態をチェックします。

[ 7日目 ]
抜糸します。

[ 30日目 ]
術後の経過をチェックします。
問題がなければ通院は終了です。
入院の必要性 なし
麻酔 全身麻酔
シャワー 翌日から可能
治療のメリット
  • 胸の形の改善
  • Tシャツを着たときの胸の膨らみなど解消
  • 男性らしい胸を実現
治療のデメリット・リスク
  • 乳輪周囲の傷あと
  • 胸部の一時的な感覚低下
  • 内出血、血腫(血液の貯まり)
  • 乳輪の部分壊死の可能性

料金の目安

中等度女性化乳房修正(両側) 440,000円(税込)
全身麻酔 110,000円(税込)

よくあるご質問

治療は危険ですか?
最も気をつけているのは術後出血です。確率としては約1%なのですが、手術当日の夕方から夜にかけてが最も術後出血のリスクが高い時間帯です。そのため夜間でも連絡がとれ、万が一の場合は緊急処置が行える体制を整えています。
麻酔方法は?
日帰りの全身麻酔で行います。ただし、乳腺が非常に小さい場合などは局所麻酔で行うこともあります。
術後の制限はありますか?
激しい運動は術後1~2週間後より可能です。手術部位のシャワーは通常3日後位から可能です。
傷あとは目立ちますか?
乳輪の傷あとはあまり目立たないことがほとんどです。しかし、傷あとが白くなることがあり、その場合は白い線として傷が見えることになります。
手術後は痛いですか?
強い筋肉痛のような痛みです。術後に処方する飲み薬の痛み止めで我慢できる範囲です。
皮膚がたるむことはありますか?
年齢、乳房のもとの大きさ、皮膚の伸縮性によって若干のたるみが残ることもあります。
ただし、術前より悪化することはありません。
初診日当日に治療を受けることは可能ですか?
治療を満足に行うために初診日当日に治療を行うことはありません。
初診日:診察・検査
手術日:
手術翌日:翌日検診
7日目:抜糸
1ヶ月目:検診
が一般的な治療の流れです。
よく行われる手術なのですか?
当院では、ほぼ毎週乳腺切除手術を行っています。

院長のメッセージ

男性にとって自分の胸が膨らむということは気になるものです。特に夏場タイトなシャツを着ているときや、プール、温泉などでは気になってしまいます。女性化乳房は決して珍しい疾患ではありません。
当院では、開院以来多くの方が相談・治療に来院されています。治療が終わったときの患者様の喜びの表情を見るたびに、やり甲斐を感じながら日々の診療にあたっています。

男性にとって自分の胸が膨らむということは気になるものです。特に夏場タイトなシャツを着ているときや、プール、温泉などでは気になってしまいます。女性化乳房は決して珍しい疾患ではありません。
当院では、開院以来多くの方が相談・治療に来院されています。治療が終わったときの患者様の喜びの表情を見るたびに、やり甲斐を感じながら日々の診療にあたっています。

麻酔について

「全身麻酔は危険では?」
多くの方が不安に感じていらっしゃいます。

私は「手術方法と患者さんの状態に適した麻酔方法を選択することが最も安全です。」
とお答えしています。

代表的な麻酔方法

当院で採用している麻酔方法

局所麻酔

治療法Ⅰ・軽度女性化乳房修正の時に使用する麻酔方法です。
治療個所に麻酔薬を注射して治療します。手術中も意識はありますが、手術が終了しましたら、すぐに帰宅できます。

全身麻酔

治療法Ⅱ・中等度女性化乳房修正の時に使用する麻酔方法です。
当院では気道(空気の通り道)を確保したうえで、覚醒(目が覚めること)が早い麻酔薬を使用し、呼吸機能は残したままで行う全身麻酔を採用しています。
全身麻酔とはいえ、日帰り治療に適した麻酔方法です。

  • 静脈麻酔

    美容クリニックなどでよく行われる方法なのですが、麻酔が浅いと痛みのコントロールが不十分ですし、麻酔が深くなりすぎると気道(空気の通り道)が確保されていないため呼吸停止などのリスクが高くなります。

  • 硬膜外麻酔(背中から管を入れる)

    硬膜外麻酔は有効な麻酔方法の一つですが、針の誤穿刺をしてしまうと入院治療が必要になることや神経の近くで出血させてしまうと麻痺などが生じるリスクがありますので、入院を前提とした施設で行うべきだと考えています。

※料金は全て税込表記です。

20歳未満の方で手術・治療をご希望される方は、保護者の承諾が必要になります。

未成年同意書はこちら