男性(メンズ)向けニードル脱毛

「ニードル脱毛」はこんな男性(メンズ)におすすめ

  • ・ヒゲや眉の形を整えたい
  • ・レーザーやエステ脱毛で効果がなかった
  • ・硬毛化した毛を抜きたい
  • ・乳輪に生える毛を脱毛したい
  • ・ヒゲなどの白髪を脱毛したい

ニードル脱毛とは

ニードル脱毛とは細い針を毛穴に挿入し、一瞬(0.25〜0.5秒)電気を流すことによって毛根の細胞にダメージを与え、永久脱毛します。

ニードル脱毛の歴史はレーザー脱毛やフラッシュ(光)脱毛より長く、効果と安全性も実証されています。

■アメリカFDA(※)の脱毛分類
永久脱毛=ニードル脱毛
永久減毛=レーザー脱毛
(※)FDA:Food and Drug Administration の略。医療分野に関しては日本の厚生労働省と似た役割を担う。

ニードル脱毛とは

ニードル脱毛とは細い針を毛穴に挿入し、一瞬(0.25〜0.5秒)電気を流すことによって毛根の細胞にダメージを与え、永久脱毛します。

ニードル脱毛とは

ニードル脱毛の歴史はレーザー脱毛やフラッシュ(光)脱毛より長く、効果と安全性も実証されています。

■アメリカFDA(※)の脱毛分類
永久脱毛=ニードル脱毛
永久減毛=レーザー脱毛
(※)FDA:Food and Drug Administration の略。医療分野に関しては日本の厚生労働省と似た役割を担う。

男性(メンズ)にニードル脱毛がおすすめな理由

メリット1:ヒゲや眉の形を整えられる

眉毛は眼球に近いこともあり、エステや一部の医療機関では施術そのものを断られることがあります。また、レーザーやフラッシュは毛を1本1本脱毛することはできず、数本以上まとめて脱毛します。ヒゲや眉のデザイン脱毛のように形を繊細に整えたい場合、レーザーやフラッシュでの脱毛は不向きです。
一方、ニードル脱毛は毛を1本ずつ脱毛しますので、形を整えるための脱毛に向いています。

メリット1:ヒゲや眉の形を整えられる

メリット2:レーザーやエステ脱毛で効果がなかった毛も脱毛できる

レーザーやエステ脱毛(フラッシュ脱毛)では、産毛など脱毛が難しいケースがあります。これは、レーザーやフラッシュ脱毛の性質上仕方がないことなのです。
しかし、ニードル脱毛はレーザーやフラッシュ脱毛とは脱毛機序が違いますので、レーザーやエステ脱毛で効果がなかった毛でも、脱毛できることが多いです。

メリット2:レーザーやエステ脱毛で効果がなかった毛も脱毛できる

メリット3:硬毛化した毛でも脱毛できる

レーザーやフラッシュ脱毛の合併症の一つに、毛がかえって太く濃くなる「硬毛化」という合併症があります。フェイスラインや二の腕、背中の脱毛で時々生じる合併症なのですが、この場合、硬毛化した毛に対応したレーザーで対応できる場合もあります。
しかし、それでもダメな場合は、ニードル脱毛が最終手段となります。

メリット3:硬毛化した毛でも脱毛できる

メリット4:乳輪に生える毛を脱毛できる

肌の色がもともと茶色い乳輪は、レーザーやフラッシュではヤケドの可能性が高いため、施術そのものを断られるケースも少なくありません。また、施術した場合でも十分な脱毛効果を得られないケースもあります。
ニードル脱毛は、肌の色による影響は受けませんので、このようなケースでも安全に脱毛可能です。

メリット4:乳輪に生える毛を脱毛できる

メリット5:白髪を脱毛できる

レーザーやフラッシュ脱毛は、毛に含まれるメラニンに反応して脱毛しています。しかし、白髪はメラニンを含んでいませんので、レーザーやフラッシュ脱毛では脱毛できません。
一方、ニードル脱毛はメラニンの有無は関係なく脱毛できますので、白髪の脱毛も問題なくできます。

メリット5:白髪を脱毛できる

ニードル脱毛のデメリット・注意点

デメリット1:痛み

ニードル脱毛は、レーザーやフラッシュに比べて痛みが強い傾向にありますが、痛みを軽減する工夫もあります。

<通電時間の短縮>
エステのニードル脱毛は数秒間電気を流す脱毛方法が主流ですが、医療機関のニードル脱毛は0.25~0.5秒間電気を流すだけなので、痛みを感じている時間が短くなります。

<麻酔の使用>
医療機関ですので、どうしても痛みが苦手な方は、麻酔クリームや局所麻酔を使用することも可能です。

デメリット2:施術前に毛を伸ばす必要がある

ニードル脱毛は施術前に2~3㎜毛を伸ばす必要があります。
これは毛の角度を確認するためと、ピンセットで毛をつまむ必要があるからです。
常に毛を剃ったり抜いたりしてお手入れしている部分でも毛を伸ばさなければなりませんので、男性のヒゲや眉など、人目に触れる部分に関しては気になる可能性があります。

デメリット3:時間と費用がかかる

ニードル脱毛は毛を1本1本手作業で脱毛しますので、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛に比べて時間と費用がかかります。
1本1本を脱毛する確実性がニードル脱毛にはあるのですが、手早く本数を脱毛するには不向きです。
レーザーやフラッシュ脱毛を併用しながら、抜けなかった毛・施術できなかった毛をニードル脱毛で仕上げるというのが効率的です。

男性(メンズ)向けニードル脱毛の施術時間と治療について

およその施術時間

ヒゲ、眉(デザイン) 50~70分
乳輪 50~70分
白髪(うなじ) 50~70分

※本数によって施術時間は前後します。

治療費

20本まで 11,000
21本〜 220円/毛1本
男性VIO(陰茎、陰嚢)
20本まで
22,000
男性VIO(陰茎、陰嚢) 21本〜 770円/毛1本
針代 4,400
クリーム麻酔(5g) 2,200
局所麻酔(両脇相当の範囲あたり) 8,800

※料金は全て税込表記です。

男性(メンズ)向けニードル脱毛のお支払方法

現金、クレジットカード、デビットカードがご利用いただけます。

使用可能なカード

  • J-Debit
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS

男性(メンズ)向けニードル脱毛の治療の流れ

  • 1脱毛部位の毛を伸ばす

    1 脱毛部位の毛を伸ばす

    通常の体毛は施術の10日前から、髭は3~4日前から処理をせず、伸ばしてください。
    ニードル脱毛はピンセットで毛をつまみますので、約2~3mm毛を伸ばす必要があるためです。

  • 2施術

    2 施術

    完全個室の施術室で施術開始です。
    ニードル(針)と言っても皮膚に針を刺すわけではありません。「極細のニードルを毛穴にそっと挿入する」が正しい表現です。
    ニードルを毛穴に挿入し、電気を0.25~0.5秒間流します。その際、チクッとした刺激があります。 この作業を一本一本の毛に対して繰り返していきます。
    痛みが強くない部分はよく冷却しながら行いますが、痛みが強い部分(脇など)は麻酔を使用することもできます。

  • 3施術直後

    毛穴がポツポツと赤い状態になっています。
    この赤みは数日から1週間ほどで消えます。
    ニードル脱毛は施術の際に毛を抜いてしまいますので、直後から脱毛された状態になります。

  • 4次回施術

    毛が生えそろったら次回の脱毛を行います。(約2か月後)

男性(メンズ)向けニードル脱毛の治療回数の目安

脱毛部位による違いや個人差はありますが、脱毛が全く初めての部位でも6回前後でほぼ永久脱毛された状態になります。

当院が大切にしている5つのこと

  1. 施術は専任の
    女性看護師が担当

    施術は専任の女性看護師が担当

    ニードル脱毛はもちろん、形成外科・美容皮膚科領域の経験豊富な女性看護師が施術を担当します。

  2. 必要な治療を必要なだけ

    必要な治療を必要なだけ

    不必要な治療や付属品の購入をお勧めすることはありません。
    医療としての施術を提供していますので、強引な勧誘や化粧品のセールス等は行っておりません。

  3. 清潔でプライバシーが
    守られる完全個室

    清潔でプライバシーが守られる完全個室

    快適に脱毛を受けていただきたく、清潔な環境を提供できるよう努めています。
    施術は完全個室のためプライバシーも守られ、デリケートゾーンなどの脱毛もリラックスして施術をお受けいただけます。

  4. 絶縁針の使用

    絶縁針の使用

    皮膚表面には熱が伝わらない特殊加工をされたニードルを使用しています。
    エステで一般的に使用されている、皮膚表面にも熱が伝わるニードルの場合、ヤケドや色素沈着のリスクが高く、痛みも強くなりますので、絶縁針は安全なニードル脱毛のためには欠かせません。

  5. 痛みを最小限にする

    痛みを最小限にする

    治療部位を十分に冷やし、正確に毛穴へニードルを挿入し、最小限の出力で通電することで施術に伴う痛みはだいぶ軽減されます。
    その他にも局所麻酔やクリーム麻酔を使用すること可能ですので、痛みがご心配な方はご相談ください。

男性(メンズ)向けニードル脱毛のよくある質問

レーザー脱毛と同時にニードル脱毛の施術はできますか?

同じ脱毛範囲にある黒い毛の場合、同日に行うことができないことがあります。これは、レーザー脱毛は毛を剃った状態で施術するのですが、ニードル脱毛は数ミリ伸ばした状態で施術するといった違いがあるからです。黒い毛はレーザー脱毛で、白い毛はニードル脱毛でという場合は白い毛だけ数ミリ伸ばしていただければ同時に施術可能です。

ニードル脱毛終了までどれくらいの費用が必要か見積もりを頂けますか?

一本あたりの費用×本数が施術費用となりますので、希望箇所の本数を数えて計算していただければ初回の施術費用の目安となります。最初の2~3回はあまり本数が減らないこともありますが、その後はどんどん本数が減りますので(最初の6割→4割→2割など)、1回の施術費用も安くなってきます。

肌荒れがひどい場合でも施術できますか?

出血を伴う様なひどい肌荒れの場合は施術を延期することがあります。しかし、剃毛などが原因の肌荒れに関しては脱毛を進めることで症状が改善しますので、できるだけ施術する方針を取っています。
ただし、肌荒れだけでなくケロイドを伴っている場合は施術ができません。

ニードル脱毛はどんな痛みですか?

レーザー脱毛がある程度の範囲(数本~数十本の毛がバチンと反応する)に痛みが来るのに対し、ニードル脱毛はピンポイントでチクッ(ヂクッ)とする感じです。場所によってはレーザーよりも楽な場合もありますし、逆にレーザーよりもガマンが必要な場合もあります。

ニードル脱毛は何回くらい施術が必要ですか?

脱毛部位による違いや個人差はありますが、1回の施術で希望範囲を全て脱毛できる場合、およそ5~6回の施術が脱毛完了までに必要になります。もちろん、場合により3~4回で脱毛完了する場合もありますし、逆に6回より多くなってしまうこともあります。

院長のメッセージ

当院はニードル脱毛とレーザー脱毛の両方を行っています。両方行っているからこそ、ニードル脱毛の長所・短所、レーザー脱毛の長所・短所を肌で感じています。
男性の方からニーズが多い白髪が混じったヒゲ、眉のデザイン脱毛、乳輪を含む胸部の脱毛などの場合、それぞれの脱毛法の良いところを上手く組み合わせていくことで、より良い脱毛ができると考えています。

当院はニードル脱毛とレーザー脱毛の両方を行っています。両方行っているからこそ、ニードル脱毛の長所・短所、レーザー脱毛の長所・短所を肌で感じています。
男性の方からニーズが多い白髪が混じったヒゲ、眉のデザイン脱毛、乳輪を含む胸部の脱毛などの場合、それぞれの脱毛法の良いところを上手く組み合わせていくことで、より良い脱毛ができると考えています。

> 院長の経歴・プロフィール

院長
院長

> 院長の経歴・プロフィール

一人で悩まず、
まずはご相談ください

0467-47-3711 診療時間 9:00〜16:00(木曜・日祝休診) 0467-47-3711 診療時間 9:00〜16:00(木曜・日祝休診)

初診日当日の施術は行っておりません。
ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

18歳未満の方で手術・治療をご希望される方は、保護者の承諾が必要になります。

未成年同意書はこちら