しみ・そばかす

しみ・そばかすについて

顔によく見られる色素斑には老人性色素斑(平らなシミ)、肝斑(頬などのクスミ)、雀卵斑(そばかす)などがあります。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)とは

頬やこめかみに良く見られる茶色い境界明瞭な色素斑

日光に当たりやすい頬、こめかみ、手の甲などが好発部位です。原因は紫外線によるダメージなどでメラニンが部分的に蓄積されてしまっているためです。治療はQスイッチルビーレーザーを第一選択としています。場合によりフォトフェイシャルや塗り薬を使用することもあります。

雀卵斑(じゃくらんはん)とは

子供の頃から見られる、散在する数ミリ大の色素斑

一般名は「そばかす」です。子供の頃から見られ、思春期に目立ってきます。遺伝的な色素疾患と考えられています。治療はフォトフェイシャルかQスイッチルビーレーザーを使用します。

肝斑(かんぱん)とは

成人女性に見られる頬のくすみ。
頬以外にも額、口周りなどにも認められることがある

近年、CMなどを通じて肝斑の存在が広く認知されてきました。頬にクスミとして認められることが多いですが、額、口周りなどにも見られることがあります。原因は「刺激による皮膚の炎症」「女性ホルモン」「紫外線」などいくつかの原因が関係していています。治療は塗り薬、飲み薬、イオン導入などの複合治療で少しずつ改善していきます。

ADM・後天性真皮メラノサイトーシスとは

成人になって出現する頬、まぶた、額などに見られる茶褐色のあざ。肝斑と間違われることが多い

頬から下まぶたの両側性の褐色斑として認められることが多いです。大人になってから出現することや、両頬に出現することが多いため、上述の肝斑と間違われてしまうこともあります。医学的には「あざ」に分類されますので、レーザー治療でしか治りません。治療はQスイッチルビーレーザーを使用します。

しみ・肌のくすみなどの問題は、まず適切な診断が大切です。肌診断機を用いて、肌の状態、しみの種類を診断します。

肌の状態、しみの種類を診断しその後、患者さん一人一人に最適な治療プランをご提案します。また、治療のデメリットを正しく伝えず、メリットばかり強調する利益追求の医療が横行しています。医療には常にメリットとデメリットが存在します。これを正しく患者さんに伝えていくことを大切にしています。

治療法

Qスイッチルビーレーザー

黒・青・茶色に反応するレーザーです。しみを形成しているメラニンを含んだ部分(メラノソーム)だけを破壊します。老人性色素斑、雀卵斑、ADMに非常に効果的です。

しみはメラニンが集合している状態です。

レーザーを照射することで、エネルギーがメラニン色素に吸収され、その熱エネルギーによりメラニン(しみ)が破壊されます。

しみのなかの破壊されたメラニンは老廃物となって細胞に処理されます。

老廃物となったメラニンは肌の新陳代謝と共に、一部は皮膚表面に押し出されかさぶたとなり剥がれ落ち、皮膚内部ではリンパを通し排出され分解されてしみは無くなります。

効果的なしみ

老人性色素斑、雀卵斑、ADM

治療の目安
  1. 1cm大の老人性色素斑の場合
  2. 治療時間:約1分
  3. 麻酔:氷冷
  4. シャワー:当日から可

治療のメリット

  1. 少ない治療回数(1~3回)で色素斑を除去できる
  2. 再発が少ない(雀卵斑は年月とともに再発します)

治療のデメリット・リスク

  1. 多少痛い
  2. 10日間のテープ保護が必要
  3. 炎症後色素沈着の可能性

治療費

直径1mmあたり1,620円

ワンポイントメモ

炎症後色素沈着とは・・・レーザー治療で一旦きれいに除去された色素斑の部分が、3~4週間後に再び色素が濃くなることです。 これは色素斑の再発ではなく、レーザーの刺激により一時的に色が濃くなっただけですので、数ヶ月待つことできれいになります。炎症後色素沈着を起こさない秘訣は「レーザー治療後10日間のテープ保護を徹底する」「テープ保護が終わっても患部を紫外線をあてない」「こすったり物理的な刺激を与えたりしない」の3つが非常に大切です。また、補助療法としてメラニン生成抑制(ルミキシル)およびメラニン排出促進(トレチノイン)の外用薬の使用も有効です。

フォトフェイシャル

光治療・IPLとも呼ばれています。肌をワントーン明るくする美肌効果があります。 老人性色素斑やそばかすを少しずつ薄くしていくことも可能です。当日からお化粧も可能なので家事・仕事に差支えがありません。ただし、一度の治療で結果を出すものではなく、繰り返し受けていく必要があります(1ヵ月に1回、5~6程度)

効果的なしみ

老人性色素斑、雀卵斑

治療の目安
  1. 顔全体の場合
  2. 治療時間:約10分
  3. 麻酔:必要なし
  4. シャワー:当日から可

治療のメリット

  1. 肌全体の美肌効果
  2. ダウンタイムがほぼない
  3. 定期的なメンテナンスとしても有効

治療のデメリット・リスク

  1. 治療を繰り返す必要性
  2. 完全に除去できない、反応が悪い色素斑がある(レーザー治療が必要)

治療費

顔全体1回:32,400円/6回セット:162,000円
部分(頬、手の甲など)1回:16,200円/6回セット:81,000円

イオン導入

ビタミンCなどの肌の有効成分をイオン化することで、塗布のみと比べて3200倍の量を肌に浸透させます。従来のイオン導入器の不快なピリピリ感がない新機種「スーパービタリオン」を使用しますので、より快適で効率的な治療が可能になりました。

効果的なしみ

肝斑

治療の目安
  1. 治療時間:約30分
  2. シャワー:当日から可

治療のメリット

  1. 痛み、腫れなどダウンタイムがない
  2. しみ、色素沈着の改善、予防効果

治療のデメリット・リスク

  1. 回数を重ねる必要がある

治療費

1回5,400円

トレチノイン

肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進する外用薬です。出来てしまったメラニンを積極的に排出します。メラニンの生成抑制するルミキシルとの併用がお勧めです。また、肌のコラーゲンの増加も認められますので、肌の張り感も期待できます。

効果的なしみ

老人性色素斑、肝斑

治療方法

洗顔後に1日2回朝晩、トレチノインを塗ります。

治療のメリット

  1. くすみ、しみの改善
  2. 肌の張りの改善

治療のデメリット・リスク

  1. 肌の乾燥、赤みの可能性
  2. 妊娠、授乳中の方には使用できません

治療費

トレチノイン 5g3,240円

ルミキシル

メラニンを作っている細胞(メラノサイト)に働きかけ、メラニン生成を抑制(メラニンを作りにくくする)します。国内でよく使用されるハイドロキノンより赤み・乾燥などのトラブルが少ない一方、メラニン生成抑制効果がハイドロキノンの17倍あるとされています。効果はメラニンの生成抑制なので、簡単に言うと「しみ・くすみができにくくなる薬」です。したがって出来てしまったしみ・くすみにはメラニンの排出(トレチノインなど)やメラニンの除去(レーザーなど)治療の併用をお勧めします。

効果的なしみ

老人性色素斑、肝斑

治療方法

洗顔後に1日2回朝晩、ルミキシルを塗ります。

治療のメリット

  1. くすみ、しみの予防、改善

治療のデメリット・リスク

  1. ルミキシル単独治療では即効性はない

治療費

ルミキシル 9ml4,320円
ルミキシル 30ml12,960円

医師の本音

しみ治療はまず診断が大切です。的確にしみの種類を診断できていないと全く結果がでないということもあります。診断を的確に行い、それぞれのしみに応じた適切な治療を行うことで初めて良い結果が得られます。また、しみの悩みは想像以上に大きく、治療が終了した方の喜びの声を頂くたびにやりがいを感じながら日々の診療にあたっています。