しわ

しわについて

年齢とともに気になってくる眉間のしわ・目じりのしわ・ほうれい線・ゴルゴ線・目の下のくぼみ・小じわetc.(図1) ヒアルロン酸、ボトックス、脂肪注入などを駆使することで若返ることができるようになりました。しみ治療と並ぶ人気のアンチエイジング治療です。また、ボ トックスは厚生省認可の「ボトックス・ビスタ」を、ヒアルロン酸は厚生省認可の「ジュビダームビスタ・ウルトラ」を取り扱っています。

治療法

ヒアルロン酸

しわ、くぼみを改善します。人気の治療部位は「ほうれい線」「ゴルゴ線」「目の下の小じわ・くぼみ」です。ヒアルロン酸は時間とともに吸収されていきます。(6ヵ月~12か月)先が丸まった針を使用することにより、以前より内出血のリスクを大幅に軽減できるようになりました。

手術の目安
  1. 1部位
  2. 手術時間:約15分
  3. 麻酔:なし
  4. シャワー:当日から可
  5. メイク:当日から可

治療のメリット

  1. しわ・くぼみの改善による若返り効果

治療のデメリット・リスク

  1. 時間とともに吸収される
  2. 内出血の可能性
  3. 筋肉の動きによるしわは改善が難しい

治療費

テオシアルリデンシティ54,000円
ジュビダームウルトラ59,400円
ヒアルロニダーゼ 1部位43,200円

医師の本音

ヒアルロン酸は今やしわ治療に欠かせないものです。ダウンタイムも比較的短い期間で結果が得られます。一方で吸収されてしまうということが欠点のように言われますが、吸収させることができる、溶解薬で溶かすことができます。非吸収性や長期持続する注入材を見かけますが、体内に異物があるということは体が拒絶したり思わぬトラブルが起きる可能性が常にあるとも言えます。トラブルの際、素早く対処できる・リセットが効くということも注入材を選択するうえで非常に大切です。

ボトックス注入

表情によってできるシワを改善します。人気の治療部位は眉間、額、目じりです。治療後2~3日目から効果が出現し、3~6か月効果が持続します。

手術の目安
  1. 1部位
  2. 手術時間:約10分
  3. 麻酔:氷冷
  4. シャワー:当日から可
  5. メイク:当日から可

治療のメリット

  1. 表情ジワの改善による若返り効果
  2. シワの予防効果

治療のデメリット・リスク

  1. 時間とともに効果が無くなる
  2. 内出血の可能性
  3. 額の注入時にまぶたが重くなる可能性

治療費

眉間 21,600円
目じり 21,600円
目じり 27,000円

医師の本音

ボトックス治療の目的は表情ジワを改善することです。すなわち「顔の筋肉の動きを一部止める」ことです。したがって全ての表情ジワをボトッスで消そうとすると表情の不自然さやしわ寄せが他の部位に出てしまいます。ボトックスと上手く付き合うために必要最低限の部位にボトックスを使用し、肌の張り・ボリュームも並行して改善していくことが自然で健康的なアンチエイジング治療につながると考えています。

脂肪注入

太ももなどの脂肪を注射器で吸引し、ボリュームが欲しい部分に注入します。人気の治療部位は「目の下」「ゴルゴ線」「頬のくぼみ」です。移植部位に生着した脂肪はいわゆる生きた脂肪です。体重の増減や年齢の変化も受ける自身の組織ということになります。

手術の目安
  1. 手術時間:約60分
  2. 麻酔:局所麻酔
  3. シャワー:当日から可
  4. メイク:針孔以外は翌日から可

治療のメリット

  1. くぼみ・痩せの改善による若返り効果
  2. 異物を使用しない

治療のデメリット・リスク

  1. 場合により2~3回の注入が必要
  2. 内出血・腫れ
  3. 極まれに石灰化する可能性

治療費

1部位(顔) 216,000円
1部位追加につき50,000円追加

医師の本音

ふっくらした感じ・触感・効果の持続性・自己組織であることを重視するならば、脂肪注入は非常に良い治療です。脂肪注入が使いづらいところは、生着率にバラつきがあることです。生着率に関しては各施設で様々な方法で生着率アップを謳っていますが、学会などの発表を見る限りではまだ決定的な差を生むほどの方法は確立されていないと思います。(やらないよりはやった方が良さそうだがコストに見合っているとは言い難い)脂肪を愛護的に扱う、空気にできるだけ触れさせない、少量ずつ丁寧に注入するなどの基本的なポイントを確実に行うことが大切だと考えています。