永久脱毛・医療機関だから出来る安心永久脱毛

よくある質問

医療レーザー脱毛は何回くらい通院が必要ですか?
毛の量・質によって個人差がありますが、約2か月おきに約6~8回の通院が必要です。最も効果的な治療を行うためにはヘアサイクル(毛周期)に合わせてレーザー照射する必要があり、そのために約2か月おきに通院していただいています。
医療レーザー脱毛ができない部位はありますか?
基本的に毛が生えている全ての部分(ほぼ全身)で脱毛治療ができます。ただし、レーザーがあてにくい場所(耳の穴の奥など)や、色素沈着が非常に強い場所はレーザーによる脱毛が難しいことがあります。
1回の治療時間はどのくらいですか?
医療レーザー脱毛は、短い時間で広い範囲を脱毛できます。体格などによって治療時間が多少違いますが、両ワキ3~5分、両下腿(ひざ下)30~40分程で終了します。
担当の方は女性ですか?
女性の看護師が担当します。また、プライバシーに十分配慮した完全個室にて行いますので、Vラインなどデリケートな部位も安心して治療を受けていただいています。
冷却ジェルやローションなどの付属品を購入する必要がありますか?
当クリニックでは脱毛費用以外にかかる費用は一切ありません。脱毛後、必要に応じてお渡しするお薬も脱毛料金に含まれていますのでご安心下さい。
医療レーザー脱毛の後はどんなことに注意すればよいですか?
レーザー脱毛後の赤みがあるうちはお酒、熱いお湯での入浴は控えてください。タオル等で照射部位を強くこすることも1週間避けてください。 また、脱毛治療期間中は照射部位が日焼けをしないようにしっかりと紫外線対策を行ってください。
脱毛期間中は、毛の自己処理はどうすればいいですか?
レーザー脱毛の期間中の自己処理は剃毛(毛を剃る)だけにしてください。毛抜きや抜毛器などで毛を抜いてしまうと脱毛の効率が悪くなります。また、脱色もしないでください。
医療レーザー脱毛は何歳から受けられますか?
脱毛治療自体は何歳からでもできます。ただし、思春期より前に医療レーザー脱毛を受けて脱毛されても、二次成長で再び毛が濃くなる可能性がありますので、思春期以前の脱毛は年齢とともに多少再発することを前提としてください。
妊娠中に医療レーザー脱毛を受けられますか?
脱毛のレーザー光が胎児に直接影響を与えることはまず考えられません。しかし、治療中に伴うストレスの影響、妊娠中は体毛が濃なること、色素沈着しやすくなることから妊娠中のレーザー脱毛は避けた方が良いと考えています。
アトピー体質ですが、医療レーザー脱毛を受けられますか?
はい、可能です。特にアトピー性皮膚炎の方は、自己処理で肌を傷めてしまうことが多いので、脱毛をして自己処理の機会を減らすことは大切です。注意点としては、アトピーをお持ちの方は肌トラブルが多い傾向がありますので、十分な保湿や炎症を抑える外用薬を併用することも大切です。
日焼けしているのですが、大丈夫ですか?
脱毛レーザーは黒い色に反応します。日焼けで黒くなった肌にレーザーをあてると、レーザーが肌に反応して"やけど"を起こすことがあります。従って日焼けがある程度落ち着いてからレーザー脱毛をするようにおすすめします。しかし、 日焼けした状態で照射を希望される場合や、もともと肌の色が濃い方はレーザーの種類を変えて対応します。
生理中に医療レーザー脱毛を受けられますか?
通常は問題なく脱毛できます。ただし場合によって、Iライン・Oラインの脱毛は生理期間中ご遠慮いただくことがあります。
男性も医療レーザー脱毛を受けられますか?
男性の方もお受け頂けます。男性の方はひげ(髭)脱毛を希望されることが多いですが、その他にも手、腕、胸、膝下、全身などを希望される方も多いです。
医療レーザー脱毛で、わきの黒ずみも治りますか?
自己処理による肌トラブルが原因で黒ずみができていることが多く、自己処理の必要がなくなることでしだいに黒ずみが改善してきます。
わきの脱毛をすると「わきが」もよくなりますか?
医療レーザー脱毛はわきがの直接的な治療ではありません。しかし脱毛することで、衛生状態が良くなり、においが少なくなることはあります。

クリニックinfo

Copyright © 永久脱毛 Ofuna T's clinic Residental Co.,ltd. All Rights Reserved.